そらクリニック外苑前での治療について

薬物療法

メンタルクリニックでもお薬による治療は大切

特に統合失調症、うつ病、躁鬱病などの精神疾患は薬を飲む事によって主な症状が改善します。
うつ病は精神病レベルのもの、神経症レベルのもの、きっかけが心因性のものなど色々なタイプがありますが、特に精神病レベルのうつ病の治療にはお薬が欠かせません。
不安障害(パニック、恐怖症など)もお薬は効果的です。
もちろん不眠症にもお薬を処方することが多いですから、メンタルクリニックの医師が行う治療のメインは症状に応じた薬物療法が中心です。

副作用に留意しながら漢方も併用

月経前症候群など女性ホルモンの変動による症状の場合、当院ではホルモン補充療法は行っておりませんが、漢方薬と安定剤の併用により精神症状の改善を図っています。
漢方の専門医ではないのですが、向精神薬の副作用や様々な神経症症状に有効な漢方薬を処方をしています。

精神療法

言葉を介して心理的に症状改善にアプローチする治療法

医師の行う通常の診察の中で、患者様の訴えをお聴きし、供に考え、治療方針を説明し理解していただくことそのものが精神療法と言えます。一般精神療法、簡易精神療法と呼ばれるものがこれにあたります。
心療内科や精神科の診察の場面では必ず行われていることですが、医師それぞれの個性が違うように精神療法の内容と質が異なるので、ある意味精神科医の腕の見せ所かもしれません。

認知行動療法は宿題で

うつ病の場合は、休養の重要性を理解していただき再発を防ぐよう考え方のクセなどに気付けるようアドバイスをします。その際認知療法の手法を取り入れることもあります。
不安障害は、より精神療法が大事なカギになります。単にお薬を飲んでいても改善が不十分な場合、認知行動療法的アプローチは必須と考えています。
当院では通常の診療の中で患者様に宿題を出すような形で認知行動療法を取り入れていますが、一般には時間と手間がかかるので医師が行わないことも多いです。特に強迫性障害はしっかりとした認知行動療法が必要ですので、通常の外来診療では対応が難しい場合があります。その場合はより専門的に治療を行っている病院を紹介しています。

臨床心理士によるカウンセリング(自由診療)

当院では、一般の保険診療で医師が行う精神療法では時間的に対応が難しいと思われる場合は臨床心理士によるカウンセリングをおすすめしております。また、患者様からカウンセリングのご希望があれば適応を考えて対応いたします。
カウンセラーの紹介

職場復帰支援(リワーク)

オーダーメイドの復職支援

精神疾患で休職されている方が仕事へ復帰する場合、いきなりストレスのかかる環境に戻るのでなく、徐々に身体とこころを慣らしていくことができるように医療者サイドで復職プログラムを支援することが多くなってきました。
最近は、リワークを病院の集団精神療法のプログラムにしている医療機関も増えてきました。
企業によっては会社側が具体的なプログラムを用意されている場合もあります。患者様の体調がある程度回復したら主治医と産業医と相談しながらそのプログラムをこなしていって職場復帰という形になります。また、具体的なプランを用意されない場合は患者様それぞれの状況に合わせて復帰プログラムを考えることになります。
当院では、医師が患者様一人一人と相談しながら、オーダーメイドの復帰プログラムを作って職場復帰のお手伝いをしています。

その他

生活全般を通して健康になるお手伝い

生活リズムや食事に関するアドバイスも行っています。できる範囲内で内科疾患(高血圧、高脂血症など)も併せて診ています。
当院に通院中の患者様であれば、風邪や膀胱炎などの急性疾患のご相談も通常の診察時にご相談いただいております。

アロマセラピー

アロマセラピーを通してできるセルフケアについてアドバイスをしています。ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。